ジュースハープ

c0118266_1842640.jpg春、ささやか1周年企画の頃にご来店くださった愛知在住のお客さまが、再び訪れてくださり感激しました。

音楽や楽器についてお話していくうちに、口琴の話になり、お客さまのバッグの中から口琴がゴロゴロと登場。
ビヨンビヨンブンヨヨヨン と響かせていくうち、さらに1名加わり いつのまにやらセッション大会に。
ハンガリーのゾルタン口琴とのことで、バリエーションに富んだ音と広がりについつい夢中になってしまいました。
お客さまの超速口琴さばきは凄まじかったです。

口琴の響きは大好きです。去年の知久寿焼さんのライブでも、口琴を演奏されていましたが
めちゃくちゃ素晴らしく、どっぷりと聴き入ったことを覚えてます。

しかしながら・・・口琴が響き渡るTiti。どうなんでしょう。異空間もいいとこですね!

[PR]
by titi-blog | 2008-08-11 19:26
<< TUBEの破壊力 I T E M >>