マイケル騒動

ハーモニー・コリンの新作は、マイケル・ジャクソンのモノマネをして生きる孤独な男のお話だそうですが、
なぜマイケル様を前にするとあんなに熱狂してしまうのでしょう。

数年前、代官山の鶯谷町の小路にてマイケル御一行様を拝むことができました。
「マイケルジャクソンが来た!」と突然の一報、外へ飛び出てみると仮面をつけたボディガードに囲まれ、チラリと見えるはあの純白フェイス。
「マイケルジャクソン!」
周囲のカメラフラッシュに浮かび上がるマイコー様のお顔は、ただならぬオーラ。
さすがはマイケル・・ネバーランド・・・ウィ・アー・ザ・ワールド!!!!

翌日、あれはMTVの撮影ですべてがフィクション、マイコーもそっくりさんだったことが判明し、
「マイケルがここにいる!」と息を荒げながらその場で電話をかけた友人に謝罪しました。

明日は定休日です。よろしくお願いいたします。


c0118266_18475187.jpg
[PR]
by titi-blog | 2008-01-29 18:51
<< 2月のおやすみのおしらせ JUNO RII >>