程度の低い話でございますが

c0118266_1303726.jpg朝目覚めたら 携帯をにぎりしめていて、何やらメールを作成中だった。
「お好み焼き750人まち 駐車場で事故 ナンちゃん太古人 蜂のしつもん 大型」
短編の夢をいくつか見て、忘れぬようとりあえず携帯に記録しておこうと思ったようです。以下、夢。

---お好み焼きを食べに行ったら、どんどん混んできて「ただ今750人待ちでーす」と威勢よく店員が叫ぶ。その店の駐車場でヤンキーの車に衝突する。謝罪。

---街に飲みに出て終電時刻が迫り、東京、表参道をなぜか全速力しているところを ウッチャンナンチャンのナンチャンに呼び止められる。TVのロケらしく ナンチャンは原始人の仮装。テレビカメラのフラッシュがまぶしい。マイクをむけられ「蜂に刺されたことはありますか?」私は終電を気にしながら「ないです」と答え、全速力。

---大型ヘアサロンに就職。真っ白い宇宙空間のような店内。まずは声を出す訓練から。ものすごい採用人数で、まるで軍隊。

夢のことは鮮明に覚えているのに、携帯に打ち込んでいることの記憶のほうがまったく無い。
先日は 東京に暮らしていたときのアパートの大家に寝ながら電話をかけていた。
このままだと、暴漢に襲われる夢を見て壁に体当たりし、デカい穴をあけた父のようになってしまうのだろうか。
そのうちTitiも 寝ながら営業することになるのかも・・・。そのほうがきっとキレのいい接客になる。


[PR]
by titi-blog | 2007-09-17 13:19
<< 女として見習うべきところ多々あり 雨の日は宇宙サウンド >>