穴に向かって愛を叫ぶ

c0118266_13424627.jpg
candle MOTHERによる3日間だけの個展「レム睡眠」。最終日を迎えた昨夜、
閉店後にお邪魔いたしましたら・・・・暴れておりました暴れておりました。
最初に目にしたときの静かで厳かな光景からは一変して、燃え盛る
キャンドルから自由奔放に流れ出す蝋の激しさ、その対比が面白かったです。

c0118266_1343923.jpg
自由を愛する暴れん坊達の雄姿

そして、3日間の締めくくりとして、今回の展示の目玉であった大きな蝋の
プレートを下から炙り まんなかに穴を開けっチャオ という密やかなメーンイベントが。

c0118266_13441515.jpg
企画者であるATTICのカジタさん。スピード感あります。

c0118266_13442820.jpg
少しづつ薄くなってゆく蝋
c0118266_13444812.jpg
小首かしげながら歓喜の声をあげる観衆。異様です。

c0118266_1345272.jpg
どんどん薄くなってゆく蝋

c0118266_13451727.jpg
小首かしげながら歓喜の声をあげる観衆。
しまいには硬直した海老のように反り返ったままの方も。

c0118266_13453156.jpg
開・通
(セーラー服と機関銃「カイ・カン」調で)


c0118266_13455640.jpg
当初は「ドーナツくらいのでっかいやつ!」と鼻息荒げに意気込んでいた我々、
実際にはむちむちのベーグルほどのかわいい小穴でしたが、小学校の
理科室で行う実験のようなナーンカほほえましい光景もまた楽し穴開セレモニー。
幻想的でありながらもなぜか可笑しみに溢れた素敵な一夜でした。

コニコニさん、ATTICカジタさん、ほんとうにお疲れ様でした!
スロー、よりも エキサイト!

[PR]
by titi-blog | 2010-07-06 15:03
<< pukapuka きのうのよるのレムすいみん >>