溶け出したガラス三角箱

c0118266_17194447.jpg昨夜は月がきれいに見えましたね。月がきれいに見える夜には、昨年偶然体験したなんとも
強烈な夜のことを思い出します。満月の夜にお月見をしに、モエレ沼公園へ行った夜のこと。

公園に到着し 園内にそびえたつシンボル、ガラスのピラミッドに入るとなにやら本日ライブがあるとの貼り紙を発見。
【黄昏フォークコンサート ガラスの時間】
ピラミッドでの音楽イベントは未経験、しかも無料しかも黄昏フォーク!タイミングよく開演時間はもう間もなく。

出演者の男性達の額にきつく巻き付けられたバンダナから覗く熱いまなざし、むきだしの団塊ジャンボリー魂がびしびしと伝わってきます。
花束を小脇に抱え、続々と訪れる出演者のご家族、同級生と思しき人々、かつての同志・・・きらきらした笑顔で開演を待ち侘びる観客達。
譜面台の高さを念入りに調整、準備が整いギターが奏でられました。開演です。

ぼわーんぼわん「ぶぉんぶぉん」ぼわんわんぼわーんぼわんぼわんわ
ぅわんぅわんわわあん 「ぶぅうおくぅ」 わんぅわあーんぅわんぅわんわん

オールガラス張りピラミッドの反響の凄さたるやそのエフェクト効果は想像以上に絶大なものでした。
熱いメッセージが込められているはずの歌詞がまったく聴き取れず、音の厚みだけがどんどん増すばかり。
客席の方々の笑顔の奥に私は<?はてな?>を見ました。あまりにサイケデリックなサウンドに我々もただただ仰天、
完全にその音に支配されその場に座り込み目を閉じる・・・・・・。アシッドフォークの扉が開かれた夜、か?

うわんうわぁーん

エレベーターからの渾身の一枚。写真提供:T・ハナモゲラ氏

c0118266_17302026.jpg

[PR]
by titi-blog | 2010-01-29 17:45
<< I T E M S Tilly Bloom >>